トップ > お金を借りる > 友人にお金を借りるという選択肢もある

友人にお金を借りるという選択肢もある

ちょっと買い物中に200円足りないから友達から借りるというのは良くあることと思います。実際、私も友達とのショッピング中に友達から「200円貸して?」といわれたことがありますね。

皆さんも友達に「小額」なら借りたことがあるという経験もあるかと思いますが、これが「大金」となると話は別です。

友人の中には親友だと思って40万円貸したのに、それっきり帰ってこないし音信不通・・・逃げられた、という子を知っています。

常識的に考えてやってはいけないことなのですが、金利もなし、催促もほとんどなしとなると、そのまま返さないという人は多いのです。

もちろん、中にはお金を友達から借りて、ちゃんと返しているという人もいますけどね。皆さんがどうしても友人からお金を借りたいという場合は、誠意をもって対応をしなくてはいけません。

「金の切れ目が縁の切れ目」というように、お金を借りたせいで友達関係が崩れてしまうこともあります。友人から借りる場合は必ず返す、という誓約書のような物を取り交わすと、貸してくれた友人も安心してくれるでしょう。出来たら返す期日も決めておくといいですよね。

どうしてもお金が必要になった場合は、親や兄弟など身内に頼ってみて、それでもダメなら銀行関係に工面をしにいくのがほとんどです。友人も「お金を貸して欲しい」と頼まれたとしても中々貸してくれません。

また、貸したとしてもその後の付き合い方にヒビが入ったり、距離をとられることもあります。友人にお願いをするときは、あくまでも慎重に、そして借りたら必ず返してください。

関連記事

これだけは知っておこう!総量規制とは?

初めて借りるなら銀行系のカードローンがおすすめ

友達からお金を借りる時に覚えておきたいこととは?

どこからお金を借りたらいいの?

お金を借りるなら低金利のところを探そう